タロットカードのメッセージ(ペンタクルの5)


ペンタクルの5のキーワード

困難・貧困・不安・苦難・体調不良・元気が出ない・体を酷使する・拒絶・評判を落とす・落胆

日常に潜む困難

ボロボロになりながら歩く二人の人物。

寒さに凍え、松葉杖をつきながら
弱ったからだを酷使しているように見えます。

ペンタクルの5は
飢え寒さ疲れ病気
そして貧しさを表しています。

身近にあるあらゆる種類の
困った状況です。
命や生活に繋がるため、
その苦しさは身にこたえるでしょう。

真っ暗な闇の中を
さまよっている気分になり、
先が見えないと絶望するかも
しれません。

でも、すぐそばには
明るく光り輝く場所があります。

その苦難は永遠に続くものではなく
あなたの近くに温かく居心地のいい場所も
確かにあるのです。

勇気を持って少し足を止めて
周囲を見渡してみると、
今まで見えなかったけれどすぐそばにあった
新しい世界が見えるかも知れませんよ。

高橋のひとこと

ペンタクルの5は精神、肉体、物質、あらゆる面においての困難の可能性を示しています。みるからに苦しそうな人が描かれているので、出るとうわ~(+o+)と感じますよね。

でも、そんな時って誰にでもあります。体が弱ることも、心が傷つくことも、仕事が上手くいかないことだって。
そういう時に忘れないでほしいのが、その状況はずっと続かないことと、誰かに助けを求めてもいいこと。
どんなひどい状況でも、どこかに必ず光はあるはずだと信じています。

================================================================
高橋りかのタロットセッションは東京・下北沢で行っております。
スケジュールの確認とご予約はこちらからどうぞ。
================================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です