【タロットの解釈が難しい】オススメの最初の一歩


占い好きの方の間でも、人気の高いタロット占い。
なんだか神秘的で絵柄がきれいで憧れるけれど、自分でやるには難しそうだしとっつきにくい。
その印象は必ず付きまとうようです。

確かに、タロットが難しいと感じる理由はいくつも想像できます。
今回は、タロットカードの解釈が難しく感じていて、もっと得意になりたい方に向けて、意味を覚えたり調べたりする前にオススメしたいことをお伝えします。
キーワードは「仲良くなる」です!

タロットの解釈ってなんで難しいの?

キーワードが難解

難しいと感じる一番の原因だと思います。

例えば、ワンドのエース。

キーワードの代表的なものは、創造力・熱意・自信・勇気・情熱・強い意志・出発点・はじまり・アイデアなどです。(ワンドのエースページより)

「会社の苦手な先輩とうまくつきあうには」と質問した時にこのカードが出てきたとしたら、あなたならどう解釈しますか?

熱意?自信?勇気・・・?
どのキーワードを軸にもってくればいいか、迷っちゃいませんか。
しかも、それをこのケースに当てはめてどういう言葉を作ればいいんでしょう。
慣れないうちは戸惑ってしまいます。

意味が多すぎる

解説書や解説サイトによって同じようなキーワードだけではなく、それぞれ独自のものも多くみられます。もし全部書き出してみたら、とんでもない数になるんじゃないでしょうか。
あらゆるキーワードを全部覚えようというのは、ちょっとたいへんです。

スプレッドが複雑

過去・現在・未来・自分の状況・相手の状況・願望の行方・・・
1回の占いで複数のカードを引くと、例えば「未来」で塔のカードが出ているのに「最終結果」で太陽のカードが出る等、意味的に矛盾してるんじゃないの?!と思うことがよくあります。

カードの意味をバラバラに解釈するのではなく、全体のカードの意味をつなげて物語を作るのがタロット占いの楽しさなのですが、確かに始めは難しいですよね。

とっつきにくい存在と仲良くなるには?

私がいつも感じているのは、とっつきにくいものにチャレンジする時はまず「存在に慣れる」「親しむ」のが肝心だなあということです。

とっつきにくいものへのチャレンジということで、私が身をもって体験したことが一つあります。
実は数年前に突然思い立ってドイツ語を勉強し始めたんです。英語も大嫌いだった私が、なんとなくドイツ語の響きと文法が好きという理由で、結構がっつりハマってしまいました。

その時特に大事にしたのが、とにかくたくさん接すること。意味もわからなくていいし、わかろうとしなくてもいいから、その存在に慣れるってことです。
始めのうちは言葉は全然耳慣れないし、文章を読んでも区切りさえちんぷんかんぷんだったのですが、とにかく見たり聴いたりしていました。(読んだり聞いたりじゃないところがポイントです(;´ェ`))ドイツ語の綴りはデザインのように美しく感じたし、ドイツ語の響きは私にとって音楽でした。アートとして楽しんでいました。

でもそのうちにドイツ語自体に体が馴染んでいって、違和感がなくなっていったんです。意味はわからないけれど、不思議と親しみがあるというか。私の世界の中に普通にあたりまえに存在するものになった感じです。
そうなったら、新しい知識を入れた時の吸収度や理解力が全然違います!なんか、スルスルとわかるんですよね。私にとっては、「遠い存在を近くする」ということが何より重要でした。これは多くの人に当てはまると思います。

タロットの解釈が得意になるためのオススメの第一歩はこれ!

あなたの世界ではタロットはいつも傍らにある存在ですか?

たまに占おう!という気持ちになった時に棚から引っ張り出して「難しそうだなあ」と感じているのでしたら、まずはいつも目に付くところにカードを出しっぱなしにしておくのはどうでしょうか?
「これってどういう意味だっけ?」と考えなくてまずは構いません。難しく考えず、絵を眺めるだけでいいんです。

時間が空いた時にパラパラと触ってみる。今日の気分のカードやお気に入りのカードをみつけてみる。カードをシャッフルしたりカットして遊んでみる。たくさん見て、たくさん触れてみる。
そんな風にして、まずはタロットカードに親しむのが一番オススメです。
元々タロットカードの目的は、ゲーム用です。遊びとして、戯れにつかうのは全然間違いじゃありません!

こうして親しんでいるうちに、「これってどういう意味なんだろ?」と思ったら、意味を少しずつ見ていくのがいいです。その頃には自分なりのカードの印象ができているはずなので、キーワードもすんなりと選べるはずです。(自分なりのカードの印象(=インスピレーション)って、解釈の元になるとっても大事なものです!これを育てるのがタロットの解釈が得意になる近道だと思います)

解説本を片手に複雑なスプレッドで占いをする前に、まずはタロットカードとお近づきになってみてはどうでしょうか?
そのうちにタロットカードの方からあなたに「引いてください~!」と語りかけてくると思いますよ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です