タロットカードのメッセージ(ソードの7)


ソードの7のキーワード

ずる賢さ・逃避・策略・偽善・一匹狼・偽り・隠す・先延ばしにする・狡猾

そのずる賢さは本当にありですか?

自分の私利私欲のために
こっそりと大切な情報を持ちだしている。

あるいは、目の前の面倒くさい問題から
逃げている。
目の当たりにするのを恐れて顔を背け、
安易な解決方法を取ったり
先延ばしにしたり。

ソードの7のカードを流れる
狡猾さは、
男性の足取りや表情から
一見してわかります。

ずる賢いことが
人生の中で必要な局面も
確かに存在します。

でもそれはちょっとした奥の手。

本当に今そのスタンスは必要ですか?
いろいろな人を傷つけてはいませんか?

一匹狼でいればいいと
感じることがあっても、
人間は決して一人で生きてはいけません。

相手の思いを蔑ろにしないように
気を付けるべきシグナルかもしれませんね。

高橋のひとこと

抜け目のないずる賢さ、でもなぜか決定的に憎みきれないイメージのカード。飄々とした足取りで大切なものを持ち去ろうとしています。運んでいる感じでは決してない。彼はとても要領がよく、あらゆることをけむに巻いているのかも。

真面目一辺倒の生き方に釘をさす意味もあるかな、と個人的には思います。ちょっと機転を利かしてテクニックを使うべき時、のような読み方をする時もあります。悪いカードとか良いカードとかはなく、ものは見方によると信じていますので。

================================================================
高橋りかのタロットセッションは東京・下北沢で行っております。
スケジュールの確認とご予約はこちらからどうぞ。
================================================================