当たるのは嫌!占いで最悪な結果だった時の対応策


私の記事では、特に人間関係についての対処方法や考え方などの内容が人気があるようです。
自分自身、人との付き合い方はすごーく考える方なので、共感していただけることが多いのかな…とうれしく思っています(*^^*)

今日はちょっと目先を変えて、私の専門分野である「占い」について書きたいと思います。
占いをやったら嫌な気分になったよ!(怒)せっかくお金払ったのに!(涙)という経験、ありませんか?

占いで嫌な気持ちになった!!

  • 占いをしてもらって、期待と真逆のことを言われてしまった。
  • ものすごくがっかりするような結果だった。
  • いいんだか悪いんだか妙に曖昧なことを言われてモヤモヤする。
  • とにかく嫌な気持ちになった。

占い好きの方の、あるあるあるある…!という声が聞こえてくる気がします。

こういう占いの後は、時間もお金も返してほしい!聞かなきゃよかったよ…(/_;)という気持ちになりますよね。

そして、期待通りの結果を聞くまで、続けて別の占いを試してしまったりもします。(そうしないと気持ちが収まらない)
何度も占いをするとまたいろんな結果が出てきて、どれを信じればいいか分からなくなって、どんどん不安になり、なかなか止めることができない…。

これは大昔の私のエピソードなんですけどね…(笑)。

そんな占い信じなくて大丈夫!!当たらないから。

例えば、相談者の方が望む未来が難しい可能性の結果が出てきた場合があるとします。
その結果を伝えるのは、占い師はとても慎重になる必要があると私は思います。

というのも、結局のところ未来を作るのは「ご本人の心」だからです。

うわ~嫌なこと言われちゃった~!とネガティブ満載な気持ちになってしまったら、ほしいポジティブな未来からどんどん遠ざかります。
しかも、占いをやる前よりもずっと、です。(占いが悪影響になるケースです)
で、結果的に嫌な結果が当たってしまう。
嫌なこと言われた占いが当たるメカニズムってこんなに単純なんですね。

そもそも未来って全く決まっていないんです。
占い師が見るのは「起こりそうな未来」です。
しかもその「未来」に関してはどんなに評判の占い師でも当てる確率が低いという…(^^;(熱く語っていますので詳しくは占いで願いは叶うをご覧ください)

占い師に言われると、なんだか信憑性や根拠がありそうに思えますが、大丈夫です。
そんなの一切気にしなくてよし、です。(そんなの関係ねぇっていうのを思い出しました。懐かしい…)
嫌な気持ちにさせる話し方をする占い師なんて言語道断です。一切無視してくださいね。

じゃあ占いって何のためにあるの?

未来を見てもらってウキウキキャッキャ☆するのが楽しい!!
そんな占いの使い方も楽しいですよね。
私もお正月のおみくじや、友達とやんややんや言いながら町で手相とか見てもらうの、好きです。

一方で、真剣に悩んでしまったので誰かに相談したい時のこんな気持ち↓

  • 友達にも誰にも言えない。
  • 友達に話してみたけど、結局答えが見つからない。
  • ネットで調べまくったけど、余計頭が混乱してしまった。

そんな時も、ぜひ占いをご利用ください。
信頼できる占い師さんでしたら、悩んでいるあなたをしっかりと受け止めてくれますよ。

時にはあなたの痛みや辛さを同じように感じながら、占いというスキルを使ってサポートし、あなたと一緒に望みを叶えるべく奮闘してくれるはずです。
私はそういう占い師でありたいといつも思っています。

この観点から占いをすると、「望む未来が難しい可能性」が占い結果で出たとしても、それをどうやって望む未来に近づけるか、とお悩みを見ることができます。
この思考に立ったとき、初めて「願望実現への扉」が開くのではないかなと感じています。

占いは魔法ではありません。
でも、願いを叶えるきっかけをくれる力強い神秘的なツールです。
それは、間違いない☆

あなたの望む未来はなんですか?
素直に心を開いて、一歩ずつ進んでいきましょう(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です