悩んで行き詰った視点を変える、3つの基本アクション


最近日本酒のつまみには、切らない生のキャベツをなにもつけずにかじっている高橋です。1枚バリっと。
おつまみもここまでシンプルになると、最早ミニマリストと呼ばれてもいいですよね?

ところで、あなたは何かで悩んで考えを巡らせて巡らせて巡らせて…もうどうすればいいか全然わからなくなってしまった時、どうしますか?

こんな行き詰ってしまった状態の時は、一旦完全にお休みしてしばらく距離を置くと、新たなアイデアが浮かんでくることもあります。

でも、重度の場合はお休みしただけでは復活できません。
何かの刺激を与えてきっかけをあげない限り、脳が働き始めないんですね。

きっかけさえあれば、視点が変わります。
状況は全く同じでも視点が変わると、いきなり今まで見えなかった可能性ややり方に気が付くことができるのです。ほんと、いきなり。

つまり、煮詰まったあなたに一番簡単で大きな変化を与えるのが、視点を変えることなんです。
視点を変えれば一気に世界が広がります。

いっぱい考えたけど、もうどうすればいいかわかんないよ…!という時に、今回ご紹介する基本的な3つのアクションをお試しいただければと思います。
どれも簡単に応用可能ですので、ぜひお試しくださいね!

視点が変わるための、誰でもできる簡単な3つのアクション

新しい人と出会う

今ある人間関係ではない新しい人たちと出会ってお話しするのは、視点を変えるための一番効果的な方法です。

既に知り合っている人たちからは、想像できる意見やアイデアしかもらえません。
新たな出会いはエネルギーも要りますが、その分返ってくるものも大きいはずです。

新たな人と出会う際には、できたら何かの共通項のある人たちがベターでしょう。
会話の糸口もありますし、お互いを共感しやすくなります。

本を読む

本を読むことも、視点を変えるきっかけを与えてくれます。

自分がいつも読む好きな作家さんの本もいいですが、触れたことのないジャンルを開拓することはとてもオススメです。

未開拓のジャンルの本を探すための面白いぺージをみつけました。書き出しというサイトです。
本の書き出しがいくつも載っていて、気になったものをクリックするとタイトルと出版社と作者名を教えてくれるのです。

これはとっても楽しい!!ぜひ、新たな本と出会うためにご活用ください。

一人で見知らぬ土地にでかける

行ったことのない場所に行ってみるのはいかがでしょうか?

一人で、というのもポイントです。
ドキドキしながら、冒険をする気持ちででかけてみてください。

簡単に行ける範囲のところでも行ったことのないところって多いですよね?
家の近所でも少し足を延ばしても、心のままでかけると、きっと小さなことから新たな発見をできるはずです。

つまり、大事なのは心を動かすこと

3つのアクションはどれも簡単にドキドキできます。
つまり、心を動かすことができるんですね。

心を動かしていると、新しい感性や考え方を受け入れやすくなると思います。
あ、そうなんだ!へ~!と面白がることができます。楽しいから。
楽しみながら、視点を変えることができるんです。

悩んだり迷ったりしたら、少し立ち止まってから、ぜひ3つのアクションをお試しください。
どれもいつでも簡単にでき、確実に何かを得ることができると思います。
心の動きを丁寧に観察していれば、きっとスムーズに視点を変えることができ、悩んだ気持ちが改善されると思いますよ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です