【彼氏との悩み】恋愛のトリセツを共有して解決しよう♡


どうやったら彼氏といい関係が築けるのかな?
無理せずに自分らしく付き合えるんだろう。
頑張ったり我慢したりしないでずっと楽しくやっていきたい。

恋愛の始まりやお付き合いの形を模索している時に、幸せながらも感じる少しの不安。感じたことはありませんか?

こんな悩みをお持ちの方にオススメなのが、恋愛の取扱説明書を作ることです。

何年か前に西野カナさんのトリセツという歌が流行りましたよね。
この曲は可愛い彼女の小さなわがままという雰囲気ですが、内容になるほどー!と膝を打ってしまいました。

恋愛において取扱説明書(以下トリセツと言う)をお互い作り、交換し合うというのはものすごく大事だと思ったんです。

恋愛のトリセツって何?

私の考える「恋愛のトリセツ」には大きく二つの意味があります。

一つは、自分が相手からしてもらって嬉しいとか、愛されていると感じる態度・行動を伝えること。
もう一つは、自分が自覚している癖と対処法を伝えることです。

普段あんまり意識していなくてすぐには思い当らないかもしれませんが、ぜひお時間を取って考えてみてください。

トリセツを活かせば、パートナーとの関係がグッと良い方向に変わるはずです☆

恋人に何をしてもらうとうれしいの?

あなたが恋人からしてもらうと愛されていると感じることって、何ですか?
具体的に挙げてくださいと言われると、意外と答えられないことが多いと思います。

言葉でも、態度でも、表情でも、何でも構いません。
やってもらって嬉しいことをたくさん挙げてみてください。

例えば「トリセツ」の歌では、

定期的に褒めると長持ちします。
爪がキレイとか
小さな変化にも気づいてあげましょう。
ちゃんと見ていて。

という「愛されていると感じるポイント」が出てきています。

困った癖を伝えておく

誰にでも恋愛で感情的になった時の癖があります。
恋愛時の異性の心理ってとっても理解しづらいので、その癖がきっかけで喧嘩になったり、嫌な雰囲気になったりしてしまうことも…。

そんな雰囲気になるのを最小限に抑えるために、先にその癖を話しておきましょう。
先に知っておけば、いざその癖が出てきた時の心構えができるし、自分から話しておくことで「悪いと思ってるんだ。自覚してるんだ」と相手に感じてもらえます。

「トリセツ」ではこの部分です。

急に不機嫌になることがあります。
理由を聞いても
答えないくせに放っとくと怒ります。
いつもごめんね。
でもそんな時は懲りずに
とことん付き合ってあげましょう。

ポイントは、二人が穏やかな時間を過ごしている時に話すこと。
緊迫した雰囲気や喧嘩している最中に言うのはNGですよ!

こちらも思いつくままに書き出してみましょう。どれを相手に伝えるかは別として(笑)。
思わぬ自分の本音が出てきたりして楽しいですよ!

恋愛のトリセツの効果はバツグン!

トリセツにはたくさんのメリットがあります(*^^*)

ナチュラルに要求することができる

「愛されていると感じるポイント」を交換し合う良さは、普段の生活の中でのんびりしている時に、軽い感じで話すことができるところです。
軽~く話せるにもかかわらず実は超ディープな内容なので、話すことで一段階信頼関係が深くなります。

しかも「こうされると嫌なんだ~」といったネガティブな話ではないので、聞いた側も受け入れやすく、その場の楽しい雰囲気が崩れることもありません。
少し照れくさいけどね(*´з`)

お互いの違いを知ることができる

「愛されていると感じるポイント」や「自分のやっちゃう困った癖」って、人によって全然違うんですよね。
お互いの違いも面白おかしく会話しながら知ることができると、なぜかとっても受け入れやすいです。

また、日本人は気遣いがあるので、本当に喜んでいるのか建前で喜んでくれているのかがわかりにくいところがあります。
こういう時にお互いが素直な気持ちを伝え合うことで、お互いを一歩踏み込んで知ることができます。

つまらない心のすれ違いが減る

口に出さなきゃわからないことって、たくさんあるじゃないですか。

自分が相手のためを想ってやったことが、実は相手にとってはあまりうれしくないことだったり。
事前に「相手にしてあげて喜ぶだろうと思うこと」と「相手が実際に喜ぶこと」のすり合わせをしておけば、不要なすれ違いが格段に減ると思います。

でも、なぜか言えなかったりする。

このようにいいことずくめのトリセツですが、なぜか言えなかったりもするんですよね。
特に気が弱い人。ええ、私なんですけど。

なんで言えないのか。口に出しにくいのか。
思い当るフシがいくつかあります(^-^;

違いを知るのが怖い

相手と自分の違いを知るのが怖いんですよね。

恋愛ってやっぱり共鳴し合って惹かれあうものなので、違いがどんどん見えてくると残念に思ってしまう自分がいます。

違いを知られてがっかりされるのが怖い

反対に、違いを相手がどう受け取るのか?も怖くなります。

ここまで見せちゃっていいのかな…?
引かれないかな?
がっかりされないかな…?
等、不安が出てきたりします。

面倒くさいやつと思われたくない

トリセツを面白がってくれる人だったらいいのですが、人によっては面倒くせーと思う人もいるかもしれません。

付き合い始めの頃に特に効果を発揮するトリセツですが、お互いを知らない分「こういうのは好きじゃない…」と思われる可能性も高いです。

結局、この恋を失うのが怖い

トリセツをしようよ!と言いだせない理由をウジウジ想像していて(笑)思いましたが、結局この恋を失うのが怖いだけなんですよね。

相手を好きじゃなくなるのでも、相手から好きじゃなくなられるのでも、どっちにしてもせっかく生まれた恋が消えてしまうのが嫌で、無意識にいろんなことを見ないようにしているのかもしれません。

弱い!弱すぎるよ!!

恋愛のトリセツの共有は、相手との信頼の証

トリセツを共有できる相手とは、信頼関係がしっかり築けている気がします。

そもそも信頼してなかったら、トリセツを共有しようと思えないですよね。
相手のことを信じていなければ、伝えることは出来ません。
感覚の違いも面白がることができる二人であるはずと、相手を信じてください。

メリットだらけのトリセツ、二人でまったりしている時間にでも、ぜひ交換してみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です