【40代の恋愛】劣化って何?若者にはない魅力・3選


私のセッションをお申し込みくださるメインユーザーは、30代~40代女性の方です。
恋愛のご相談もたくさんいただきます。

女性は年齢を重ねると、どうしても昔ほど女性としての自分に自信が持てなくなりますよね。
でも、年を重ねることが恋愛の強みになることだってあるんです。

今回のコラムではどんなことがメリットになるか?考えてみたいと思います。
自分らしい恋愛をしたい方にぜひ読んでいただきたいと思います。

ただし、「40代の婚活に役立つ情報♪」や「モテるコツ」などはありません。
間違えて来られた方は時間の無駄になってしまうかもしれないので、そっとページを閉じてくださいね…(^^;

若さ偏重主義・日本

まず、私たちを取り巻いている環境から考えてみましょう。

日本では、多くの人が女性の「若さ」に一番の価値を置いていますよね。
日本人は世界もビックリの若さ偏重主義だと思います。
昔は秘められていた男性の本音が、今はネットでむき出しになっていますし…(*_*;
「劣化」とかとんでもない言葉も存在します。

女性は女性でそれを受け入れて自虐的になっているように感じます。
年を取ることに過剰な恐怖心を抱いていて、見た目だけでも何とか若いままでいようと必死になるというゆがんだ状況が生まれていると思いませんか?

「美魔女」も私は褒め言葉ではないような気がするんですね。なんか、抗い感が半端ないというか…。
自然に年を取ることの方が、ナチュラルに自分を受け入れていて素敵です。

年を重ねることは、生きること

生きていれば必ず年を取ります。

それなのに年を取ることを否定するなんて、生きるのを否定するのと同じじゃないか!と思います。

年齢を重ねるほど「いい年だし」と恋愛に消極的になりがちですが、むしろどんどん気軽に恋をしてほしいです。
若い娘さんたちにはない恋愛での強みが、私たちアラフォー世代にはあると思うのです(*^^*)

恋愛における若者にはない魅力♡3選

恋愛において年齢を重ねることがメリットになるのは、「自分をよく知っていること」です。
人間としての魅力で勝負できるんですね。

異性としての魅力だけではなく人間として評価してくれる人こそ、これからのパートナーにふさわしい男性です。
男性にパートナーとしての心の繋がりを一番に求めている人には、案外年を重ねた恋愛の方がいいかもしれません。

私が具体的に思う強みは、こんなことです。

自分の価値観を知っている

今までの仕事での経験や人間関係などのさまざまな人生の出来事を通して、自分が何を大切にして生きているのかがわかっています。

自分の主義や考えをひけらかすのではなくナチュラルに大切にしている人は、とても魅力的です。

反対に「これだけはムリ!」というのもわかっています。
だから自分に嘘をつかずにパートナーを選ぶことができ、これが結果ミスマッチを生まずにすんで、遠回りなようで一番の近道なんですね。

自分の癖を知っている

恋愛をすると自分はどうなるか?をよく知っています。

行動パターン、つい考えてしまうこと、相手にしてほしいこと、等々…。
経験して良い癖も悪い癖も知っています。

悪い癖は事前に気をつけることができる。
恋愛にありがちな「感情に振り回される」ことがあったとしても、少し心に余裕を持って客観的になれます。
これってものすごいメリットじゃないでしょうか。

心の適正距離を知っている

昔は恋に落ちると相手がイコール世界、になったものでした。
自分の生活の中に相手がいるというよりも、生活がほぼ相手一色になってしまったり。

でも、今は確固とした自分の世界があります。
だからこそ、相手の世界も尊重したい気持ちがあります。
自分も尊重するし、相手も尊重する。
こういう風に考えられるのはやっぱり、いろんな経験をしていろんなことを考えたり感じることがあったからだと思います。

自分を知っていることは恋愛で大きなメリットです。
逆に新しい自分を知ることも大きな喜びになります。

年を重ねたあなたには自分で思うよりずっと、魅力があります。
いくつになっても恋を楽しめる人でいたいですね☆

=============================================================
高橋りかのタロットセッションは東京・下北沢で行っております。
スケジュールの確認とご予約はこちらからどうぞ。
=============================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です