【やりたいことがみつからない】きっかけの掴み方


自分の好きなことを自分らしくやっていくのは、楽しそうだし憧れますよね。
好きなことを職業にしている人はもちろん、趣味やライフワークとしてイキイキ活動している人はとても素敵。

とはいえ誰もがこれがやりたい!!という熱い想いを持っているわけではない。日々しなければいけないことを淡々とこなしている方が大多数。

私も「なんとなくこういうことをよく考えている、こういう想いを共有したいなあ」なんて漠然としたものしかなくて、やりたいことが具体的に見つからない時期があった。

行動を起こしたいんだけどどこを目指せばいいかわからなくて、うずうずする。現状を打破したいけれど方向をみつけられないのってモヤモヤしてきつい状態です。

今日は、こんな状態から私が一歩抜け出せた方法をお伝えします。地味だし、ある程度労力も要るけれど、確実に自分の身になる方法ですよ。

やりたいことを具体的にするための4つのステップ

1.好きなこと、気になることを単語で挙げてみる

まずは、今自分が関心があることをキーワードを書き出してみる。
なんでもいいんです。

コーヒー
アンチエイジング
資産運用
鎌倉

とか。
私の場合は「働き方」「仕事」「コミュニティ」などにピンときてました。

2.ネット検索

次に、そのキーワードでネット検索をしてみる。キーワードが大きすぎる時は、「キーワード + 何か」という風に。予測検索ワードも利用するといい。

中でも注目するのは、ブログなどそのワードに関心がある人が発信している情報。
その事について知らない知識を得られるかもしれないし、そこから繋がる面白そうなことを発見できる可能性が高い。キーワードを探すのは初めは難しいと思うけれど、相性の良いサイトに出会うとそこから芋づる式ににいろんな情報が得られることもあるので、気長にがんばる。

そのキーワードに関する対談記事とかもいい。出てくる人がキーパーソンだったりします。

もう一つはそのワードの書籍を検索すること。amazonなどでキーワード検索をすると関連書籍が一覧になるので一気に知ることができて便利。Google検索でも「キーワード + 本」で誰かのオススメを知ることができる。

その本にちょっとでもアンテナが引っかかったら、図書館で借りてみよう。私は一度にに10冊以上は借りていた。最近の図書館はWEB上でタイトル検索し予約ができるというとっても優れた機能があるから、気になるものは一気に借りてみる。図書館で受け取ったらすぐに中身をざっくり確認し、全然違うなと思うものはその場で返却すればいいのだ。

インターネットも図書館も、とっても便利になった。有効活用して、最小の動きで最大の情報を得たい。それぞれ良い面と悪い面があるので両方使うのが大事。

ネットは簡単にたくさんの情報が入ってくるけれど匿名の発信だったり、信頼できるものとは限らない。一方書籍の方は、物理的に本を何冊も扱うのは大変だし手に入れるまで時間もかかるけれど、著者が責任を持って書いてくれている(それでも全部が正しいとは限らないけれど)ので、信頼性は高いと思う。

3.集まった情報を更に深追いしてみる

ネットや本から新しく得た情報を更に検索してみよう。

キーワードに関連して活動している面白そうな人、イベント、場所(お店とか)等の情報を集めていく。

関連するキーワードがたくさん集まってきていると思うので、関心を持てたら同じように一つずつネット検索したり本を読んでみる。集まった情報はジャンルや関心度などで分けていくとわかりやすいですね。

4.気になる人や場所にアクションを起こしてみる

この頃には気になる人や場所がみつかっていると思う。ピンときたトークショーやイベントがあれば参加してみたり、リアルな場所に出向いてみる。

実際やってみてどう感じるかはわからないけれど、一つアクションを起こすことで運が動き出したりする。やっぱり違うなと思っても新たな方向に進むきっかけを得られたわけだし、どっちにしても踏み出して損はない。

私は上記の1~4をやっていて、ひょんなことからTbooks下北沢をオープンすることになりました。

でも、すぐに行きついたわけではなくて、全然違うワードで検索・本読了を繰り返してきた。もともと情報を集めることや本を読むのが好きなこともあり、すぐに実にならなくてもとっても楽しかった。一年くらい週末の図書館通いしていたな。

自分のやりたいことをじっくりと確実にみつけたい、同じ興味のある人とご縁をつなぎたい人にはオススメのやり方です。ぜひ挑戦してみてください!

とはいえ、やりたいことはなくてもいい

今まで書いてきたことを全否定するようだけど(笑)、特にやりたいことってなくても全然いいんです。

毎日のフツーの出来事や周りの人たちとの穏やかな心の交流を楽しめれば、本当はそれが一番なんですよね。

だって、やりたいことをやることばかりに生きがいを見出していると、不意にやりたいことがなくなってしまったとき(やりたくなくなっちゃったとか)に、次にやりたいことをまた探さなきゃならなくなるし。

やりたいこと中毒になりそうなときは、感謝ノートで日々の小さなことに喜びを見出して、バランスを取りましょう。心に余裕が生まれて、焦る気持ちが薄れていくはずですよ(*´◡`*)