人間関係に疲れた時に楽になれる本・7選


こんにちは。タロットリーダーでTbooks下北沢店主の高橋りかです。

私が店主を務める Tbooks下北沢 は、平日はタロットセッション、週末は本屋さんの営業です。

タロットセッションでは様々なご相談をお受けしておりますが、多いのはやっぱり人間関係のお悩み。会社でのトラブルやパートナーシップなども、突き詰めたらすべて人間関係ですもんね。

人間関係は楽しさや喜びも生み出しますが、苦しみのきっかけを生み出すこともしばしばです。

人間関係に疲れてしまう人の特徴

人間関係に悩んでいる人の多くがとても真面目な印象です。全てをちゃんと真正面から真剣に受け止めているため、疲れてしまうのです。

あなたもこんな特徴は当てはまらないでしょうか?

  • 周りに気を遣い、自発的な発言や行動を我慢することが多い
  • 「あの人からこう思われているのではないか?」と悪い方向に推測することが多い
  • 言葉の裏を探ることが多く、また、相手の気持ちをその時々の感情で判断することが多い
  • 特定の人に対するストレスを、陰口や悪口によって解消している

このように、他人に過剰に気を遣い過ぎたり、相手の気持ちを悪い方向に推測したり、自分の思いを素直に伝えられなかったりする人は、人間関係にストレスを感じやすくなります。

人間関係に疲れやすい人の特徴と4つの解決策 より引用)

とはいえ、自分の性格ってそう簡単に変えられるものではありません。

人間関係に疲れた時は、無理に考え方を改めようとするのではなく、シンパシーを感じる本や気持ちが楽になる本、いい刺激になる本を読んでみるのはどうでしょう。

今回はTbooks下北沢で扱う中から、人間関係に疲れた時に手に取ると気持ちが楽になるオススメの本をご紹介したいと思います。

人間関係に疲れた時に読んでみてほしい本

孤独になるのも結構いいかも

人間関係に疲れたなら、まずは一人の時間をたくさん過ごすのはいかがでしょうか。人間としての最小単位に戻ってみるのです。

一人で楽しめることを思う存分してみて、ゆっくりと心と体を休めましょう。

孤独のよさを感じられる「孤独は贅沢」や私たちの生き方に喝を与えてくれる「孤独を生きる言葉」、良い本ですよ。

敏感なのは持って生まれた性質かも

人間関係以外でも昔から生きづらさを感じていたり、他の人と比べて敏感な性格だと思うなら、もしかしたらあなたは HSP と呼ばれる性質を持っているのかもしれません。

5人に1人がHSP気質を持っていると言われています。私もHSPっ気がありますので本を読んでその特徴や対処法を知ってすごく安心しました。
少しでも気になった方は一度お手に取ってみてください!

人より敏感にあらゆるものを感じとるHSPの傾向を持つ人は、人口の5分の1いると言われています。言葉にできない生きにくさを感じている人にぜひ手にとってみてほしい本です。 今発売されているHSP本の中でもイラストが豊富で説明も端的、断トツでわかりやすくオススメできます! 長沼睦雄「敏感すぎる心がスーッとラクになる本」 Tbooks下北沢 http://tbooks-shimokita.com/ #本屋 #本屋さん #本が好き #本好きな人と繋がりたい #読書好きな人と繋がりたい #雑貨 #雑賀屋 #週末のみ営業 #タロット #下北沢 #shimokitazawa #本と雑貨とタロット占いのお店

Tbooks 下北沢さん(@tbooksshimokita)がシェアした投稿 –

感受性が強く繊細な人は、気配り上手な反面他人の気分に左右されたり場の空気に飲まれやすいので、生きづらさを感じていることも多いです。 そんな、とても敏感な人=hspHighly sensitive person)について書かれた本書は、コミックエッセイで大変読みやすい。hspについて少しでもピンと来た方にはぜひ手にとっていただきたい一冊です。 Tbooks下北沢 http://tbooks-shimokita.com/ #本屋 #本屋さん #本が好き #本好きな人と繋がりたい #読書好きな人と繋がりたい #週末のみ営業 #タロット #下北沢 #shimokitazawa #本と雑貨とタロット占いのお店

Tbooks 下北沢さん(@tbooksshimokita)がシェアした投稿 –

エキセントリックな生き方に想いを馳せてみる

自分では挑戦できないけれど読んでいて面白い、ワクワクしちゃうような生き方をしている人の本もオススメです。悩んでいる時だからこそ、気分転換になるんですよね。

生き方と働き方がぶっ飛んでいるこの二冊、私は大好きです。コーヒーでも飲みながらいかがでしょうか。

どうしても嫌だったら逃げていい

辛くて辛くてどうしようもなくなっているのだったら、場所を変えてもいいんですよ。人間死ななきゃいくらでもやり直しがききます。人間関係だってリセットできるのです。

そんな当たり前のことを、益田ミリさんの漫画が教えてくれました。辛いのを我慢することが大事なんじゃなくて、自分らしく幸せでいるのが生きる意味なんだなあとしみじみ。

*********************************

Tbooks下北沢 では、この他お悩みにダイレクトに答えてくれるような本も多数ご用意しております。

週末オープンしておりますのでお気軽に遊びに来てください。

この記事を最後まで読んでくださったあなたのお越しを心よりお待ちしています(*´◡`*)

=============================================================
高橋りかのタロットセッションは東京・下北沢で行っております。
スケジュールの確認とご予約はこちらからどうぞ。
=============================================================