タロットは自分と他人を繋ぐツール


あなたにとって占いはどんなものですか?

占いってとってもパーソナルなものだから、どのように使うかは人によって全然違う。

ある人は未来に不安があって、占い師に先に何があるかをのぞき見してほしい。
またある人は自分の中で決めた行動について、お墨付きをもらいたかったり。

たいていの人が「将来について安心したい」「思い通りの展開になってほしい」「何か良いことを言ってほしい」と思って占いをしてもらうはず。

私もそうだった。

占い師さんに立て続けに観てもらっていた頃は「うまくいくって言って欲しい」という思いがものすごく強かった。でも占いって当たるも八卦当たらぬも八卦だから、うまくいくと言われても不安は消えなかったし、逆にダメだと言われると確信が持てず他の占いを試すという悪循環を繰り返した。

今思うのは、占いってそういう風につかうのはよくないな、ということ。
当たる当たらないで占いを楽しむスタイルもあるけれど、私はもはや的中するしないとかは全然気にならない。

占い師としてタロットカードを使っていると、カードを通じてより深く人と繋がれているなと感じる。

もちろんタロットだけではその人の事はわからない。どんな生活をして、どんな考え方をしていて、どんな思いを抱えているのか、知らなければ始まらない。座っただけでその人を観るのは、無理です。その方の思考の癖や価値観はお話をうかがうことで理解できる。

だから私のセッションでは通常の占いよりしっかりお話をうかがわせてもらうし、リーディングはご本人の意見をとても重要視している。出てきたカードに対してご本人がピンときてドンピシャな解釈がみつかることはとってもよくあるのです。

いろんな人がいるしいろんな価値観がある。だからできるだけその方の価値観を理解して、よりその方に馴染む解釈を選ぶようにしている。同じカードが同じ局面で出てきたとしても、解釈のニュアンスは相手によって異なるのは当然だ。杓子定規にしてはいけないと思うのです。

私はカードのリーディングを通してその人を見ている。どんな人生を生きていきたいのか、この問題はご本人にとってどんなことなのか。人を理解する作業はとても楽しく、私がインタビューしたりカードを通して問題を一緒に考えることによって少しでも気分が軽くなり事態が前に進むなら、こんなにうれしいことはない。

私のリーディングは「今のままだと未来はこうなりますよ」ということより、ご本人が望むことをどうやって叶えていくかを一緒に考えることに力点を置いている。心を開いてくれればくれるほど、セッションは熱いものになる。

逆に言うと、あまり自分のことを話したくない人や、今後どうしていくかを占い師におまかせしたい人は私のリーディングは向いていない。自分の人生のかじ取りを自分でする人が迷った時や行き詰った時、私は精一杯のサポートをさせていただきます。ピンときた方は、必要なタイミングかもしれません。お気軽にセッションにお越しくださいね。

高橋のタロットリーディングについて