朝の時間を有効に快適に☆女性にオススメの朝活5選


季節的に朝起きるのがたいぶ楽になってきましたね(*^^)v
暖かい光の中で起きるのって、最高です♡
皆さんは普段、朝の時間帯をどのように過ごしていますか?

以前朝活というのが流行りましたよね。
流行りにのってせっかくだから何か有意義なことをしようとしても、時間ギリギリまでボーッと過ごしてしまい、バッタバッタの朝を過ごしてしまうことも。
…ええ、私なんですけど(笑)。

朝の時間を有効活用する為には、朝行ったほうがいいことを知っておくのもいいですね。
やりたいこと・やることを決めていないと、つい時間が過ぎるままに任せてしまいがちになりやすいですし。

そこで、朝に行うと効果的なことを調べ、厳選して5つにまとめてみました。
朝にやるからこそ効果倍増のものです。

もしあなたの心にヒットするものがありましたら、ぜひ試してみてくださいね☆

朝の2時間は「ゴールデンタイム」

脳科学の研究によると、朝起きてから最初の2時間が脳が最もクリエイティブに働く時間であることがわかっています。

起き抜けは、誰にも邪魔されない自分だけの為に使える最高の時間です。
集中力も研ぎすまされていますので、文章を書いたり絵を描いたり、クリエイティブな活動に使うこともオススメです。

家庭や仕事があってお忙しく過ごされている方は、少しだけ早起きすると自分の為に使える時間を確保しやすいのではないでしょうか。
1日1時間だけでも活動時間を増やすと、なんと1年で約15日分の時間を手に入れることができるんですよ!

朝は脳も冴え渡っていますし心も前向きで活力に満ちていますから、ぜひ効果的に活用したいですね。

朝に効果バツグンなオススメの過ごし方・5選

軽い運動する

起きてから2時間の間に15分程度の軽い運動を取り入れると、脳が活性化しやすそうです。
バリバリ働く社長の方の多くが、早朝ランニングやウォーキングを実施しているという統計結果もあります。

いきなり運動しよう!と頑張りすぎてしまうと続かないこともありますので、まずは朝ちょっと体を意識的に動かすことから始めてみると良いでしょう。

例えば、目が覚めた時にいきなり起き上がるのではなく、もぞもぞと体を動かしたりのびたりしてから体を起こす、とか。
立ちあがったら「うーん!!」と体を伸ばしたり。
頭や体の血液の循環がよくなりすごくスッキリします。

また、英国エセックス大学の研究によると「グリーンエクササイズ」も効果的であることが証明されています。
グリーンエクササイズとは、屋外で緑の中を5分間散歩するなど体を動かすというものです。
たった5分体を動かすだけで、気持ちが前向きになり、より集中できるようになります。
朝方にちょっと散歩するのはとっても気持ちいいですもんね♪

モチベーションをあげる言葉に触れる

朝日を浴びると、脳内にセルトニンと呼ばれる幸福感を高めてくれるホルモンが分泌されます。
あわせて、やる気を高めてくれるような前向きな言葉に触れると、1日を元気に過ごしやすくなります。

朝日を浴びながらポジティブな言葉をささやいていると、前日までにストレスが多かったとしても、気持ちをリセットして新しい1日を送ることができるような、勇気が沸いてくるような気がします。

あなたなりのお気に入りの言葉を見つけてみるといいでしょう。
笑顔で「今日もいい一日になる」と言ってみる、のようなポジティブな宣言が定番のようですが、私は「大丈夫大丈夫」とか「今日も何も問題なく、楽しく過ごせますように」などの割とシンプルな言葉が好きです。

朝に発言する言葉で、その日1日の気分が変わってきます。
前向きで明るい言葉をどんどん取り入れたいですね。

瞑想をする

現代はスマホを開くだけで世界中の情報に気軽に触れることが可能です。情報が溢れて、波のように襲ってくるイメージがあります。
情報が溢れすぎていつもどことなく落ち着かない雰囲気の中で、頭も心も目も耳も、いっぱいいっぱいになっています(+_+)

そこで、ストレス緩和の為にも有効なのが瞑想です。
マイクロソフト社など大企業などで取り入れていることでも有名ですね。

瞑想というと、難しいのでは?と気構えてしまう方がいるかもしれませんが、やり方はシンプルです。
床に座って、呼吸に集中するだけ。
最初のうちは「吸って、吐いて」など心の中で唱えてみるのも良いでしょう。
7秒吸って、7秒吐くなどできるだけ深い呼吸になるように意識することが大切です。
脳内のデトックスが促され、前向きな気分が持続しやすくなります。

瞑想に関しては、様々な方法が紹介されているので迷ってしまうかもしれません。
ポイントは自分にあった方法を取り入れることです。
どれかが正解で、どれかは間違いということはありません。
重要なのは、何も考えなくていい時間を1日の中に持つようにすることです。

自分のやりやすいやり方で瞑想を行えるようになると、1日をより快適に過ごせるようになりますよ。

勉強をする

頭がスッキリしている朝だからこそ、勉強に取り組むこともオススメです。

将来の自分にとってプラスになるような勉強にチャレンジしてみるのも良いでしょう。
夜に勉強しようと思っても、疲れていてつい先延ばしになりやすいですが、朝ならタイムリミットが決まっている分、集中力も増しています。

難しく考えず、興味のある分野の本を読んでみるなど、簡単なことから取り組んでみるのはいかがですか。
思いもよらなかった気づきや新しい世界が開けてくるかもしれません!

クリエイティブなことに挑戦する

朝は1日のうちで一番クリエイティブな活動に向いています。
創造的な活動に興味があるなら、朝に実践してみるのがいいのではないでしょうか?

創作などに限らず、例えば1日の行動予定を立ててみるなどその日の計画を立てることも有効です。
1日をより効率よく使い切ることができるはずですよ。

また、「モーニングページ」も人気があります。
モーニングページとは、作家・ディレクターのJulia Cameron(ジュリア・キャメロン)さんの著書「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」(原題:The Artist Way)で提案されている、毎朝頭の中に浮かんだことをノートに書くというシンプルなワークです。

こんなこと考えてるんだと気づいたり、思わぬことを発見したり、ノートとペンと少しの時間が揃えば始められる「自分改革」です。

やり方はただただノートにだらだらと今思ったことを書きつけるだけですが、私もかつて実践し、自分の心に向き合うのにとても有効だと感じました。

モーニングページのやり方はいろんなサイトで紹介されていますので、詳しいやり方に興味のある場合は調べてみてくださいね。

逆に、やらない方がいいことも

反対に、朝のクリアな時間になんとなくゲームしたりネットサーフィンなどをするのはおすすめできません。
朝はできるだけ自分にとって為になることに、より多くの時間をあてたいですね。

何かにピンと来たら、どれか1つでも取り入れてみてください。実践してみると、きっと1日全体の満足度が変わってきますよ。

そんな毎日を積み上げていったら、人生観が変わってくるような気がします…☆彡

=============================================================
高橋りかのタロットセッションは東京・下北沢で行っております。
スケジュールの確認とご予約はこちらからどうぞ。
=============================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です